ワダコーヒー株式会社 HOME > コーヒーインストラクター検定について

コーヒーインストラクター検定について

コーヒーインストラクター検定とは?

JCQA(全日本コーヒー商工組合連合)が主催する、コーヒー豆の知識や焙煎、抽出方法といったコーヒーの基礎知識から、オリジナルブレンドや商品企画などの本格的な技術が身につく、我が国初のコーヒー検定です。
10代から70代の男性女性と幅広く受験者がおり、コーヒー業界に携わるプロフェッショナルの方からコーヒーを愛飲する一般消費者を検定対象としています。

ワダコーヒーの取り組み

当社ではコーヒーインストラクター2級をはじめ、1級取得者も在籍しております。
全社員16名中10名が取得(2017年2月現在)。

ワダコーヒーブランドの品質は、正しい知識と技術を持った社員によって守られております。
当社ではJCQA加盟の会員企業として、試験会場の提供や、当社資格取得者による3級講座の開催などコーヒーインストラクター検定の普及に努めております。

3級検定開催について

2018年7月から、より身近な入門的な検定として、講習会の受講のみで資格取得できる「コーヒーインストラクター3級検定」が制定されました。

2級、1級、鑑定士という資格のみでしたが、今後、2級以上の資格を目指される方にとっても、手軽にコーヒーの勉強を始めたいという方にとっても、大切な基礎をしっかりと学べる検定となっています。

当社では今後随時弊社3級トレーナーによる3級検定を開催していく予定です。
学科受講後、正しいコーヒーの淹れ方、抽出の方法など実演を含めての当社オリジナルのコーヒー教室も開催予定です。

喫茶店文化が根強い東海エリア。コーヒーをお店で飲む楽しみはもちろん、自宅で飲む楽しみを沢山の方に知っていただきたいと思っております。

※3級学科講習会を受講し修了した方を「コーヒーインストラクター3級」として認定いたします。
認定試験はありません。

WADA BRAND
ワダコーヒー直営店のご紹介

香琲豆屋 珈楽(本店・南店)

和田珈琲店 季楽


ページTOPへ